12:13 2020年06月05日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 30
でフォローする

オランダと英国は他の欧州数か国の例に倣い、コロナウイルスによる制限措置の緩和を計画している。英国は来週から自主隔離の段階的な解除を開始し、オランダ政府も6月1日から多くの施設を再開させる。

オランダは5月11日から小学校と図書館が再開される。

12歳以下の児童は大人の監督のもとで屋外で遊び、スポーツを行うことができる。13歳から18歳の青少年も大人の監督のもとで1.5メートルのソーシャルディスタンスを保ってスポーツを行える。大人も同様に屋外でのスポーツが許可される。

スポーツの大会やボクシング競技は禁止。職種によっては条件付きで営業再開ができる。

オランダは6月1日から映画館、レストラン、カフェ、コンサートホール、美術館、博物館が営業を再開できるが、1.5メートルのソーシャルディスタンスを保ち、同じ空間にいる人数を30人以下に抑えるという条件を守らねばならない。オランダ政府のサイトが発表している。

英国もまた、感染拡大のぶり返しを防ぐための一定の必要措置を順守して、ロックダウン(都市封鎖)の解除へ移行する。第1段階の緩い解除は来週にも開始される。

英国は5月初め、3万2000人を超す死者を記録し、死者数では欧州諸国でトップに躍り出てしまった。

感染が猛威をふるったイタリア、スペインは暗黒の長期を経て、4月末、ようやく死者数が減少に転じた。

現在、イタリア、スペイン、韓国、、マレーシア、べルギー、ギリシャなどをはじめとする諸国がコロナウイルスのパンデミックによる制限措置を緩和し始めている

関連ニュース

医療用マスク:使用説明書
Sputnik / Savitskaya Kristina
医療用マスク:使用説明書

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 英国, オランダ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント