19:17 2020年05月29日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 33
でフォローする

イタリアの学者グループの研究で肥満している人は他の人に比べて新型コロナウイルスに感染しやすく、また感染期間も長くなることが明らかにされた。研究結果をフォーブス誌が掲載している。

ミラノの調査入院健康保健学術研究所は、ウイルスグループの例から肥満した人へのコロナウイルスの影響度を調べ、その結果をNature Public Health Emergency Collection誌に発表した。

研究によって、肥満した人の感染がなかなか完治しないのは、脂肪の少ない人よりもウイルスが体内から出ていくためにより長い時間がかかることが明らかにされた。この他、肥満した人の免疫は反応が遅いため、ウイルスの増殖には都合がいい。また肥満指数も空気感染のしやすさに関係する。

こうしたほか、肥満の人は体組織で慢性的な炎症が進行しているためにコロナウイルスにより感染しやすい。

こうした理由から研究者らは、通常14日とされている自己隔離期間は肥満の場合、その倍の28日間にすべきと提案している。

米疾病予防管理センターは肥満指数(BMI)30以上を肥満と診断している。

4月初旬、モスクワで40歳以下の感染者では初めての死亡例が報告された。死亡した男性には肥満と高血圧症が確認されている。

関連ニュース

医療用マスク:使用説明書
Sputnik / Savitskaya Kristina
医療用マスク:使用説明書

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
研究, 健康, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント