19:08 2020年05月29日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 10
でフォローする

ロシアでは新型コロナウイルスの感染拡大により所得が減少した子育て世帯を支援するため、児童1人あたり1万ルーブルを支給する特別支援プログラムが6月1日に始まる。12日には情報技術・通信省の公式サイトに申請用ページが新設され、受付開始からわずか6時間で100万件以上の申請があった。

プーチン大統領は11日、新型コロナウイルスの感染拡大により国内の経済活動が停滞していることを受けて、3歳から15歳の児童1人当たり1万ルーブルの支援を6月1日から開始すると発表した。

これを受けて情報技術・通信省は12日、公式サイト上に申請用ページを新設した。情報技術・通信省によれば、受付開始からわずか6時間の間で申請件数は100万件に達した。この支援プログラムはロシア国籍を持つことが条件となっており、対象者は国内で2200万人に達する見込み。

ロシアで新型コロナウイルスの新たな感染者数は過去24時間で1万899人に達し、国内の感染者数は計23万2243人となった。死者は107人増え、計2116人となった。

ジョンズ・ホプキンス大学の最新集計結果によれば、ロシアの感染者数は世界で2番目に多い。ロシアのPCR検査実施回数は580万件を超えている

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント