07:34 2020年06月06日
新型コロナウイルス

大相撲力士、新型コロナで死去 28歳

新型コロナウイルス
短縮 URL
0 01
でフォローする

新型コロナウイルスに感染し入院していた大相撲の三段目力士の勝武士が13日、多臓器不全で死去した。28歳だった。日本のマスコミが日本相撲協会を引用して報じた。

NHKによると、勝武士は発熱や息苦しさなどの症状を訴え、先月都内の病院に入院、検査で新型コロナウイルスに感染していることが確認された。その後、症状が悪化して集中治療室で治療を受けていた。

新型コロナウイルスに感染した力士が亡くなったのは初めてだという。

報道によると、勝武士は山梨県出身、高田川部屋所属で、2007年春場所で初土俵を踏んだ。

関連ニュース


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
相撲, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント