20:23 2020年05月29日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 03
でフォローする

国際連合児童基金(ユニセフ)は、コロナウイルス危機が健康保健システムに悪影響を及ぼし、これからの6か月間は子どもの死亡率が高まるという警告を発している。ユニセフの試算ではこれからの半年、世界では毎日最多で6000人の子どもが死亡する。

この予測は米ジョンズ・ホプキンズ大学公衆衛生大学院の分析を基に出されている。

分析では、分娩、ワクチン・プログラム、家族計画をはじめとする小児科の健康保健システムが地球全体で混乱をきたし、これからの半年で5歳以下の児童がさらに120万人死亡するという数値が現れた。

ユニセフは5月13日、こうした数値は、積み重ねてきた児童の死亡予防の10年分の成果が潜在的に失われかねないことを示しているとする声明を表している。

ユニセフは4月、子どもを保護するために紛争の停戦を世界に呼びかけていた

関連ニュース

医療用マスク:使用説明書
Sputnik / Savitskaya Kristina
医療用マスク:使用説明書

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
国連, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント