16:28 2020年06月07日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 10
でフォローする

スペイン保健省は2週間にわたって国内で大規模な抗体検査を実施し、全人口の5パーセントに新型コロナウイルスの抗体が生成されていることを明らかにした。

スペイン保健省は13日、国内で実施した抗体確認検査の事前結果を明らかにした。

今回の検査で保健省は国内の複数地域に暮らす国民6万人から検体を回収して抗体の有無を確認した。国立感染症センターのマリーナ・ポリアン・センター長によれば、全検体のうち5パーセントから新型コロナウイルスの抗体が確認されたことから、スペインでは200万人以上が新型コロナウイルスに感染していると推測される。ただし、感染拡大が激しい地域と比較的穏やかな地域では抗体の保有率に5倍近くの開きがあるとして、集団免疫は形成されていないとの認識を示した。

なお、抗体は性別や年齢を問わず、等しく形成されているという。ただし、1歳以下の幼児は抗体の保有率が最も低く、1.1パーセントにとどまった(5歳以下の児童は2.2パーセント、9歳以下の児童は3パーセント)。

国内で抗体が最も多く確認された順にソリア県(14パーセント超)、クエンカ県(13.5パーセント)、セゴビア県(12.6パーセント)、アリバセテ県(11.6パーセント)、マドリード県(11.3パーセント)となっている。

また新型コロナウイルスに特徴的な感染症状のうち、3つから5つの症状が確認された人の抗体保有率は8パーセントにとどまったのに対し、5つ以上の症状が確認された人の抗体保有率は14.7パーセントまで上昇した。なお、嗅覚がなくなったと答えた人の抗体保有率は43パーセントに達していた。

今回の抗体確認検査には国内1426か所の医療機関と28の研究所が加わり、スペイン政府のペドロ・ドゥケ科学相は「世界一の精度を誇る検査」で重要なデータが得られたと成果を強調した。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
スペイン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント