11:07 2020年10月30日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 22
でフォローする

15日、世界保健機関(WHO)が武漢ウイルス研究所へ同機関の専門家らの訪問準備を中国政府に要請したという事実はないと、中国保健衛生問題国会委員会国際関係部長のリ・ミングズ氏が記者会見で表明した。

同氏は、国際機関と中国政府の協力および武漢市のある研究所での 調査実施に関する記者らの質問に答え、「 WHOはいかなる研究機関へも1度も訪問要請をしていない。 WHOの武漢への訪問を拒否したとする情報は事実と異なる」 と語った。また、「世界は極めて深刻な感染状況にある。 私たちは、国内での新型コロナウイルスの拡大を許さず、 WHOや他の国々との協同を進めるため、 積極的な対応を行っている」と強調した。 

リ氏はまた、中国は新型コロナウイルへの対処については全面的に開示的な姿勢を取り続けていると語った。

この間、米国のマイク・ポンペオ国務長官は、中国政府は明らかに中国のウイルス研究センターの1つへのWHOの訪問を拒否したと指摘した。ポンペオ長官は中国の訪問拒否は「 (ウイルスが) 武漢の研究所から流出したという事実が明らかとなるのを恐れる中 国の懸念を証明」していると主張している。 

関連記事

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント