16:39 2020年06月07日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 50
でフォローする

新型コロナウイルスのパンデミックを背景に、世界中の国々で、とりわけ欧州で自己隔離規制の緩和が慎重に取り組まれている。そんな中、欧州ではじめて感染拡大の終息を表明した国が現れ、話題となった。

15日、東欧のスロベニア政府は新型コロナウイルスが収束したことを発表した。ポータルサイト「Delo」が報じた。

スロベニアの人口はわずか200万人。同国ではパンデミックがはじまって以来、感染者数は1465人にのぼり、死者は103人となった。

欧州の他国の国民はスロベニアへの入国の際にこれ以上自己隔離を遵守する必要はないが、しかし、他国ではまだ検疫の実施が必要とされる。

大規模なイベントが禁止されるなど、新型コロナウイルスへの対応ではいくつかの措置が継続されている。

比較として、日本ではパンデミックの発生以来、感染者は1万6915人、死者は726人にのぼる。日本の人口は1億2570万人となる。

現在、欧州の一部では新型コロナウイルス対応での規制の緩和がはじまっている。また、欧州委員会は緊急にEU各国に対し、EU地域内での観光に備え、国境閉鎖の解除を安全に行うよう勧告している。

新型コロナウイルスの1日の感染者数が多いにも関わらず、ロシアもまた自己隔離規制の緩和に着手し始めた。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 欧州
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント