21:06 2020年11月25日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 43
でフォローする

トランプ政権はWHO(世界保健機関)への資金拠出を再開する可能性がある。テドロス・アダノム・ゲブレイエソス事務局長宛ての書簡をもとに「フォックスニュース」テレビが伝えた。

この書簡は5ページからなる草案で、米国はWHOに中国と同じ金額を拠出する予定だと書かれている。結果的に、中国が拠出額を増やせば、米国も同様に負担増を検討するという。

書簡には「欠点はあるにせよ、WHOはやはり大きな可能性を持っていると信じている。特にこの世界危機の中で、WHOがその可能性を活かすところを見たいと思っている」とある。

また手紙には、公衆衛生の決定を行う際は、WHO事務局長は政治的圧力から解放されるべきだと記されている。

4月中旬、WHOは中国に対して政治的に偏っているとして、トランプ大統領はWHOへの資金拠出の一時停止を発表した。

これに対して国連のグテーレス事務局長は、今はWHOへの資金拠出を縮小する時期ではないと発言。日本の安倍首相もWHOへの支援を表明した。

米国のマイク・ポンペオ国務長官は、米国が今後、WHOへの資金拠出を再開することはないと発言している。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
米国, 新型コロナウイルス, WHO
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント