18:13 2020年05月29日
新型コロナウイルス
短縮 URL
111
でフォローする

ロシアの富裕層の間で避難施設やシェルターの需要が増加した。フォーブス誌によれば、今年に入ってからロシア国民に米国メーカー「Rising S Company」社は2施設を販売した。これは15万ドル(約1600万円)相当の核粒子のろ過機能を備えた完全設備の施設。

米国企業「Vivos」社もまたロシアのクライアントから依頼があったことを明らかにしている。同社は、施設建設の需要はパンデミックの発生後に1000倍以上増加したと発表している。

ロシアの避難施設と防御機能の製造メーカーでも需要が高まっている。「スペツゲオプロエクト」社の代表は、通常は1ヶ月1件の注文が平均だが、5月だけで5件の注文があったと語った。 

また、同社代表は、ロシア人はしばしばセキュティーロームに関心を持つと語った。

これはすでに建設された住居内に設置される部屋のことで、窓とドアによって密閉され、オフラインの電源と通信機能が配備されている。こうした部屋は感染症や軍事用ガスから内部を防御するが、しかし、本格的な地下避難施設よりは安価となる。

関連記事

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント