00:36 2020年05月26日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 26
でフォローする

ラテンアメリカでの新型コロナウイルスの感染拡大状況は憂慮を呼ぶ事態に達しており、この地域はパンデミックの新たな火種となる恐れがある。独ニュース週刊誌「デア・シュピーゲル 」にこうした内容の記事が掲載された。

ここ数週間、ラテンアメリカ諸国では新型コロナウイルスの感染、死亡者数は記録的水準に達している。デア・シュピーゲル誌の記者は、ラテンアメリカ諸国の中には欧米の感染ピーク時に匹敵する状況が出来上がっていると指摘している。

ブラジルで大量埋葬

ブラジルではすでに今、コロナウイルスによる遺体処理に棺を隙間なく埋めるという大量埋葬の手段に走らざるをえなくなっている。ブラジルではCOVID-19の検査はあまり行われていない。

Un sepulturero trabaja durante un entierro masivo de personas que fallecieron debido al COVID-19 en Brasil
© REUTERS / Bruno Kelly
ブラジルで大量埋葬

デア・シュピーゲル誌はサンパウロに勤務のある医師のセリフを引用している。医師はブラジルの死者数は10万人台にせまる恐れがあり、「最悪な事態はまだこれから」と語っている。記事筆者は、こうした暗い予測は、ブラジルの検疫措置の緩さと、同国のジャイール・ボルソナロ大統領にウイルスへの危機意識が薄く、COVID-19を「軽いインフルエンザ」と一笑していることから生まれていると指摘している。

記者の指摘によれば、ブラジルでは検疫措置が発令されたのは数都市のみ。感染率の上昇にもかかわらず、ボルソナロ大統領は、検疫による経済への影響はCOVID-19そのものよりはるかに危険として、発令されている措置の緩和を強要している。

Jair Bolsonaro, presidente de Brasil
© REUTERS / Adriano Machado
ボルソナロ大統領

死亡率は上昇 規制は逆に緩和

感染者、死者数ではラテンアメリカでワースト3のメキシコも、導入された制限措置の緩和に乗り出した。こうした状況と裏腹に感染症の学者らはメキシコはまだ感染のピークには達していないと指摘している。

Situación en Ciudad de México durante la pandemia de COVID-19
© REUTERS / Edgard Garrido
メキシコで新型コロナウイルス

デア・シュピーゲル誌は、ラテンアメリカ諸国は欧米よりもパンデミックへの準備が不足しており、経済停滞を味わった時期に健康保健システムは縮小されてしまったと指摘している。

関連ニュース

「迅速に行動しなければ」 コロナ影響で国連が「聖書規模」の飢餓を警告

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント