16:29 2020年06月07日
新型コロナウイルス
短縮 URL
161
でフォローする

新型コロナウイルスの治療薬として有望視されているアビガンについて、日本国内で行われている臨床研究では明らかな有効性が示されていないことがわかった。日本のマスコミが報じた。

アビガンは、富士フィルムの子会社が開発した新型インフルエンザ治療薬。

NHKによると、中国政府は3月、臨床研究で新型コロナウイルスへの効果が認められたと発表、日本でも有効性や安全性を確認するための臨床研究などが行われている。日本国内で進められている臨床研究の第3者が取りまとめた中間段階での解析結果では、有効性の判断には時期尚早であるため臨床研究を継続する必要があるとの意見が出されたという。

加藤厚生労働相はアビガンについて「安全性・有効性が確認されれば、今月中にも承認できるよう、政府として体制は整えている。安全性・有効性の確認は、観察研究や臨床研究、あるいは企業による治験の結果を待つということだ」と述べた。NHKが報じた。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント