03:42 2020年07月12日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 44
でフォローする

日本政府は新型コロナウイルスの治療薬として有望視されているアビガンについて、安倍首相が目指していた「5月中の承認」を断念した。共同通信が伝えた。

アビガンは、富士フイルム富山化学が開発した新型インフルエンザ治療薬。

報道によると、国内でのアビガン治験が進んでいるが、25日時点で審査の前提となる企業からの承認申請はなく、現段階では有効性を示すデータも出ていない。手続きは6月以降になる見通し。富士フイルム富山化学は6月末まで治験を続ける予定という。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント