21:09 2020年11月25日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 10
でフォローする

中国人研究者らは科学雑誌「ネイチャー」に、コロナウイルスを中和するモノクローナル抗体のサルを使った前臨床実験に関する論文を掲載した。科学者らは次に臨床実験に移る。

中和抗体はコロナウイルスの治療に効果大と大きな期待が寄せられている。こうした抗体は健康な人のための「一時的なワクチン」としても用いることができる。

実験では、コロナウイルスに感染した人から得られたプラズマからСА1とСВ6の2個のモノクローナル抗体の分離と、その特質の解明に成功した

抗体の特質が判明している場合、実験室という条件下でこれを検査用にも薬剤用にも用いることができる。

研究はJunshi Biosciences社が中国科学院の微生物研究所の科学者と合同で行った。

臨床実験は第2四半期に行われることになっている。

関連ニュース

医療用マスク:使用説明書
Sputnik / Savitskaya Kristina
医療用マスク:使用説明書

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
中国, 科学研究, 研究, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント