10:30 2020年12月03日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 40
でフォローする

新型コロナウイルスの感染経路は、感染者との接触や飛沫だけではない。ウイルスは患者の糞便にも含まれ、そこから感染する恐れがあることを中国の研究者らが明らかにした。研究結果は米科学誌「新興感染症」に掲載されている。

研究者らが新型コロナウイルス感染者の排出物を調べたところ、糞便のサンプルから生きたウイルスが検出された。しかもウイルスの分布密度は、患者のマスクに付着したものよりも高かった。

この結果から、研究者らは糞便中の新型コロナウイルスから感染、つまり糞便から口腔あるいはエアロゾル感染が起こり得ると断定した。

論文で研究者らは、この感染経路の存在について警告し、香港で2003年、SARSの感染が拡大した際、集合住宅の下水道の不備が原因で数百人が感染したことに言及している。

関連記事

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント