08:28 2021年09月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 08
でフォローする

オランダ政府は、新型コロナウイルスの感染が確認された国内すべての毛皮獣飼養所のミンクを殺処分すると決定した。国内ではじめてミンクから人間へのコロナウイルスの感染例が確認されたことから、こうした対策が取られることとなった。テレビチャンネルRTLが報じた。

報道によれば、オランダの毛皮獣飼養所8カ所で新型コロナウイルスの感染が確認され、さらに1カ所で感染が疑われている。2万頭超のミンクが飼育される毛皮獣飼養所が新型コロナウイルスの感染発生源となっている。

オランダ政府は、汚染された農場で飼育されるすべてのミンクにガスによる殺処分を行うことを決定した。

2013年に国内ではこうした農場が禁止されたことから、最後に残ったミンク農場も2024年はじめまでに閉鎖されることになる。

5月にオランダの農業相は、ミンクから人への新型コロナウイルスの感染例が確認されたことを発表した。

関連ニュース

医療用マスク:使用説明書
Sputnik / Savitskaya Kristina
医療用マスク:使用説明書

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, オランダ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント