00:28 2021年09月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 34
でフォローする

世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルスの治療薬として抗マラリア薬のヒドロキシクロロキンのテスト実験を再開することを決めた。WHOのテドロス・アダノム事務局長が3日のブリーフィングで明らかにした。これにより前、ヒドロキシクロロキンは投与後の死亡率が上昇するとするデータが発表されていた。

アダノム事務局長は、ヒドロキシクロロキンによる死亡率を調査していたWHOの専門家委員会が「信憑性のある死亡率についてにデータに依拠した結果、テスト実験のプロトコルを変える原因は見当たらないとする進言を出した」と述べ、同薬による実験継続を承認したことを明らかにした。

WHOは、テスト実験プログラムの再開は、同薬の有効性をうんぬんするものではないと強調している。

5月末、WHOは世界中でヒドロキシクロロキン投与後の死亡率が6.7%から14.5%上昇したことを受け、同薬のテスト実験を中止した。

5月、トランプ大統領はコロナウイルスの予防薬として毎日ヒドロキシクロロキンを服用していることを明らかにしていた。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
WHO, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント