10:36 2021年09月18日
新型コロナウイルス
短縮 URL
157
でフォローする

米国の共和党上院議員リック・スコット氏は、中国は西側諸国の新型コロナワクチンの製造工程で妨害を試みており、その証拠を入手したと発表した。BBCテレビのインタビューで同氏が語った。

スコット氏は、「このワクチンの製造が私たちには不可欠だ。中国がその工程を妨害または遅滞させようとしている証拠がある」と語った。

同氏によれば、中国は、米国がワクチン開発の第1人者になることを望んでいないという。 

スコット氏は、「彼らは私たちに対立し、おそらく、世界中の民主主義に対立している」と指摘した。しかし、具体的な証拠については言及せず、データは諜報機関が入手したとだけ語った。

中国は、新型コロナウイルス用ワクチンを開発した後、世界中に普及することを約束したが、スコット議員はそうは受け止めておらず、「共産主義の中国は共有を行わない」と考えている。

米国の知的財産と技術を保護するため、永住者以外の中国市民は、研究留学や一般的な留学を目的とするFビザ及びJビザで米国に入国することができなくなることは30日に明らかになった。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 米国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント