02:33 2020年11月30日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 12
でフォローする

モスクワ市では6月8日、新型コロナウイルスの感染により新たに59人の死亡が確認された。死者の多くは基礎疾患があった模様。新型コロナウイルス対策本部の最新発表で明らかになった。バイコヌール宇宙基地に勤務するロスコスモス社のスタッフの間でも感染は広がっている。

対策本部の発表によれば、モスクワ市で新たに死亡が確認された59人の多くには基礎疾患があったという。これで新型コロナウイルスの感染によるモスクワ市の死者は合わせて3029人に達した。

ロシアは流行のプラトー期に入ったものの、感染拡大は依然として続いている。カザフスタンのバイコヌール宇宙基地に勤務するロスコスモス社のスタッフにも新型コロナウイルスへの感染が確認されたことが明らかとなった。

感染者と濃厚接触があった親族14人のうち、8人にも感染が確認された。社内で濃厚接触のあったスタッフについては自宅隔離が命じられている。感染者が勤務していた部署では消毒作業が実施された。

ロシアで新型コロナウイルスの新たな感染者数は過去24時間で8985人に達し、国内の感染者数は計47万6658人となった。死者は112人増えて計5971人となった。過去24時間の死者数は5月25日以来、最小となった。ロシアのPCR検査実施回数は1300万件を超えている。

世界全体の感染者数は8日午前までに700万人を突破した。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
ロシア, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント