17:38 2020年08月15日
新型コロナウイルス
短縮 URL
343
でフォローする

日本の研究者らは、日本人は国内の新型コロナ感染での死亡を予防するユニークな遺伝子の組み合わせを有していると予想した。国内の多くの大学の研究者が、日本人には新型コロナウイルスを軽度に抑える遺伝的素因を有しているかという問題で、回答を導き出そうと試みた。毎日新聞が報じた。

慶応義塾大学や東京医科歯科大学をはじめ多くの大学の研究者らが、症状が現れていないケースも含め、新型コロナウイルスに感染した日本人500~600人の血液採取などを行う研究グループを立ち上げた。研究者らは、感染の重症化の進展に関連する遺伝子を見つけるため、遺伝子配列とそれぞれの患者の症状を分析する。

研究結果は、2020年の9月頃にまとめられる予定だ。

研究者らがこうした研究を行うことになったきっかけは、日本や他のアジア各国での新型コロナウイルスによる死亡率が、欧米に比べ極めて低いことに注目した世界中の研究者の共通した関心が背景にある。

関連ニュース

医療用マスク:使用説明書
Sputnik / Savitskaya Kristina
医療用マスク:使用説明書

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
科学研究, 研究, 新型コロナウイルス, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント