14:21 2020年09月26日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 21
でフォローする

ロシアの医療機関で新型コロナウイルスの感染に対するワクチンのテストが開始された。

第1段階では38人のボランティアが協力し、今後2日のうちに数人に対しはじめてワクチンの投与が行われる。ロシア保健・社会開発省が明らかにした。

テストは、モスクワの2つの医療機関で行われる予定で、生ワクチンとフリーズドライの2タイプが試される。

ワクチンの開発はガマレヤ記念伝染病・微生物国立研究センターで行われた。医薬試験については保健・社会開発省が16日に許可を行った。

同省は、「パンデミックの最中の医薬試験の実施はかつないケースだと言える。そのため、前例のない措置が取られた。スクリーニングだけが行われた潜在的な研究協力者は、2週間、監視のもとで療養所に待機することになる」と解説した。

ボランティアへのワクチン投与後には28日間常設施設に隔離される。そのすべての期間で医師が彼らの状況を観察し、免疫反応が形成されるか注視する。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント