14:09 2020年09月22日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 20
でフォローする

中国と米国の研究者らは、人類にCOVID-19抗体ができることはないとの懸念を抱いている。患者が回復すれば抗体が消えることもあるからだ。サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙が伝えている。

感染初期に患者と直接接触した武漢市の医師らについて、免疫発生の調査研究を行ったところ、上記のような結論が得られた。

調査の結果、抗体があったのは2万3000人のうちわずか4%で、しかも医療従事者の約25%が感染したことが判明した。

研究チームは「人間に新型コロナウイルスに対する長期の抗体ができるとは思えない」と語る。また患者の10%以上で、治癒後1カ月間で体から抗体が消えたことが明らかになった。

関連記事

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント