13:12 2021年01月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 21
でフォローする

ロシア国内の新型コロナ感染状況をモニタリングする連邦消費者権利保護・福祉分野監督庁は、各種制限が解除された中、子どもを新型コロナ感染から守るための家庭向けアドバイスを発信した。

同監督庁の公式サイトでは次のように提言している:

「子どもは外に出なければなりません。ただしその際に、守らねばならないルールを説明する必要があります。自ら例を示して清潔を習慣づけるようにしましょう。まずは手洗い。子どもと散歩から帰ってきたら、また遊び終わった後、食事前、トイレを使った後に手を洗い、手が汚れていると感染症や病気に原因になると説明してください。」

目の検査
© 写真 : Pixabay / Tpsdave
同監督庁は、可能な限りソーシャルディスタンスを保ち、できればお互いの距離を2メートル確保するよう推奨している。子どもがそれを守れない場合は、密な接触がないような場所で散歩するよう心掛けなければならない。

そのほか、顔を触る、鼻を触る、眼をこすることで感染する可能性もあるため、これらを避けるよう子どもに説明することが大事だ。また滑り台や遊具を使った後は肌の露出した部分を早急に除菌し、帰宅したらシャワーを浴びることが推奨されている。

監督庁は「衛生・疫学的要件に基づき、子どもの遊び場の消毒は定期的に、子どもがいない時に行われています。もちろん消毒された遊び場はより安全ですが、それでも安全度は同時期にそこにいる子どもの数により変わってきます」と指摘している。

関連記事

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
健康, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント