13:45 2020年10月27日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 10
でフォローする

メキシコで誕生した三つ子に新型コロナウイルスが発見された。保健当局はこれを「前代未聞」としている。「Sol de México」紙が報じた。

同紙によると、三つ子は男児2人に女児1人で、6月17日にメキシコ中部サン・ルイス・ポトシ州の病院で帝王切開により生まれた。医療規則に従い新生児にCOVID-19検査を行ったところ、陽性反応が現れた。

同州保健局のミゲリ・アンヘル・ルツォウ・ステイナー局長は「新型コロナウイルスに感染した三つ子が誕生したことは、世界でも前例がないケース。両親には感染症状はない」とコメント。また三つ子のうち1人のみCOVID-19の症状が出ているという。

担当医は「子ども2人の状態は安定している。3人目については肺炎の予後がある」と語った。

同紙は医師らの話として、新型コロナに感染した多胎児の誕生は初ケースだと伝えている。現地保健当局は調査を行い、胎盤経由でウイルス感染が起こるかを調べるという。

三つ子の両親は現在、医療関係者の観察下で隔離されている。新型コロナ検査を受けたが結果はまだ出ていない。新生児および母親と接触した医療スタッフも隔離され、コロナ検査を受けている。

関連記事

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
びっくり, メキシコ, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント