21:01 2020年07月08日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 31
でフォローする

日本のロート製薬株式会社は8月に新型コロナウイルスの重症患者の治療用に幹細胞の臨床実験を開始する。日本では、国内で収集された幹細胞が使用されるのは今回がはじめてとなる。

脂肪組織の間葉系幹細胞が、ドナーから新型コロナウイルスによって引き起こされた呼吸器疾患の重症患者に提供される。

人工呼吸器を装着された6人の新型コロナウイルス患者に週に1度、幹細胞が注入される。患者1人当たりでは全部で4回の注入が予定され、幹細胞が彼らの肺組織を再生させる。

臨床実験は12月まで、またはそれ以降も継続されることが予想されるが、終了が早まることもあり得る。同社は、6月末に厚生労働省に実験開始に関する書類を提出すると発表した。

幹細胞による新型コロナウイルス患者の肺組織の再生は、これまでスウェーデンの研究者らも提起していた。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 日本, 科学研究, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント