19:48 2020年07月08日
新型コロナウイルス
短縮 URL
120
でフォローする

新型コロナワクチンを開発する中国の「China National Biotec Group(CNBG)」は、ワクチンの人体投与において良好な結果が見られたことを発表した。

試験中のワクチン2種類について、双方ともに良い結果が得られ、現時点でCNBG北京支所のワクチンにより、1120人の健康な被験者全員にCOVID-19の安全な抗体ができたという。

同社武漢支所のワクチン試験についても成功したことが報告された。

CNBGはアラブ首長国連邦で最終試験実施許可を得たことも発表。どちらのワクチンで試験を行うかは明らかにされなかった。

現在、世界では約200のワクチンが試験されており、そのうち15種類が人体投与の段階にある。

関連記事

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント