19:01 2020年07月08日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 20
でフォローする

スペイン・マドリードでは、過去24時間の新型コロナ死者が感染拡大以来初となる0人を記録した。マドリード市行政のイザベラ・ディアス・アユソ広報担当が発表した。

アユソ広報担当はツイッターで「いいニュースです。昨日は初めて、マドリードでCOVID-19の死者はゼロ人でした。この悪夢が繰り返されないよう、一緒に頑張りましょう」と投稿した。

​同市で新型コロナ死者が最初に確認されたのは3月3日。病院で99歳の女性が死亡し、死後の新型コロナ検査で陽性と分かった。

公式情報によると感染拡大以来、マドリードではCOVID-19と診断された死者は8420人を数える。感染者の累計は約7万2000人。

スペインでは警戒態勢は6月21日に解除されたが、局所的な感染は続いている。今週、アラゴン州の4地区で追加の制限措置が導入された。そのほか25日(木)マラガの赤十字センターで勤務する90人に新型コロナ感染が確認された。同センターには主に、不法移民が収容されている。この24時間だけでもスペイン全国で約200人の新規感染者が発見された。

関連ニュース

2019年3月の排水から新型コロナウイルスが検出 スペイン

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント