21:11 2020年10月23日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 12
でフォローする

ブラジルプレス協会(ABI)は、会見の際に出席記者らを新型コロナウイルスの感染リスクに晒したとして、ボルソナロ同国大統領(65)を訴える意向を明らかにした。同協会サイトで発表された。

7日(火)ボルソナロ大統領は記者会見において、新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たことを告げた。大統領はマスクを着用していたものの社会的距離を守らなかったという。その後大統領はリポーターから数メートル離れ、マスクを外して体調がよいことをアピールした。

同協会の声明は、ボルソナロ大統領が自主隔離ルールを違反したこと、また記者らの生命を危険に晒し「犯罪的行為を行った」としている。大統領はすでに罰金および懲役の対象となる2つの罪で刑事責任が問われている。これに伴い同協会は大統領を相手に最高裁に訴える構えを見せている。

ボルソナロ大統領は当初、新型コロナウイルスを否定していた。これまで外出時にはマスクと手袋を着用しない姿で現れているところを何度も目撃されている。また自身の支持集会やデモで支援者との交流や写真撮影を行う際も、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を常に順守してはいなかった。


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント