06:03 2020年10月22日
新型コロナウイルス
短縮 URL
122
でフォローする

セルビアでは外出禁止令を不服とする市民が抗議の印に議会建物に突入する事態に発展した。ロイター通信が報じている。

セルビアのアレクサンダル・ヴィチッチ大統領は7月7日に声明を表し、首都ベオグラードではコロナウイルスの感染拡大を阻止するために今週末、外出禁止令を出すことを明らかにした。この声明が出された後、議会建物の前に数千人の市民が集まった。

少人数の集団が警官の人垣を突破し、議会建物の内部に突入をかけた。これらの市民は警官によって再び建物の外に追い出されている。広場の集会ではヴィチッチ大統領の辞任要求が掲げられた。抗議集会を散会させようと警察は催涙ガスで応戦している。

ベオグラード市警のウラジーミル・レビチ所長はこの衝突で警官43人を含む、少なくとも60人の負傷者が出ていると発表した。

セルビア当局は、議会建物への突入をかけたのは右派組織の代表らと発表している。


BBC放送によれば、騒動の発生のきっかけは外出禁止令の復活であったものの、抗議市民からはセルビアからの独立を宣言したコソボを返せと言う呼びかけも聞かれている。

セルビアではコロナウイルスを原因とする厳しい外出制限は2か月前に解かれていたものの、再び感染者数が増え始めたことから、当局は週末に限定した24時間の外出禁止令を復活させることを決めた。現時点では外出禁止令の首都ベオグラードに限定されるのか、セルビア全土の及ぶのかははっきりしていない。最終的な決定はまだとられていない。

関連ニュース

米国のコロナ感染者300万人に 1日の感染者6万人、同死者1000人

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント