16:56 2020年08月11日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 03
でフォローする

コロナウイルスに感染したブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領は、抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」を服用しているおかげで体調がいいことを明らかにした。

ボルソナロ大統領はツィッターに次のように書きこんでいる。

「ヒドロキシクロロキンに反対だが、代替案のないという人に残念ながら申し上げるが、これを飲んでいる私はすこぶる調子がいい。神のご加護でまだまだ長生きする。」

​ボルソナロ大統領は7日、コロナウイルスの感染検査で陽性反応が出たことを明らかにした

ボルソナロ大統領は自ら記者会見に立ち、自分の体調とCOVID-19の感染検査結果を明らかにした。ボルソナロ大統領は記者団と同じくマスクを着用していたものの、ソーシャルディスタンス(社会的距離)は順守していなかった。会見の最後に大統領は記者団から数メートル離れた場所でマスクをとり、体調がいい様子をアピールした。会見の場にいた記者らは大統領がコロナ感染のリスクを記者らに追わせたとして、大統領を訴える構えを表している。

ヒドロキシクロロキンを服用している大統領はボルソナロ氏だけではない。以前、トランプ米大統領も感染予防策として毎日服用していることを明らかにしている。

一方で世界保健機関(WHO)は7月初め、COVID-19治療薬候補としてのヒドロキシクロロキンの臨床試験を中止している。

同薬は5月末の段階で心血管系に問題を引き起こし、死亡率を高める恐れがあることが明らかになっている。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント