05:25 2020年08月15日
新型コロナウイルス
短縮 URL
101
でフォローする

18日(土)の全国の新型コロナウイルス感染者は662人と発表された。そのうち東京都290人、大阪府86人、神奈川県49人など、全国29の自治体と空港の検疫で感染者が確認された。NHKニュースが伝えている。

24時間の感染者数が600人を超えたのは今月16日以来。緊急事態宣言の解除後としては最多となった。最も多い4月11日の720人に次いで2番目。

感染者の累計はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の712人を含め、2万5628人となった。死者はクルーズ船の13人を合わせて計999人。

東京の新規感染者は290人で、16日(286人)、17日(293人)に続いて3日連続で1日200人を超えている。

都によると、290人のうち20代と30代は合わせて189人で全体の約65%を占め、40代と50代は合わせて61人で同約21%。また290人のうち158人は感染経路が分かっていないという。

これで都内の感染者は累計9223人となった。18日の死者はいなかった。


新型コロナウイルス

中国当局は12月末、 武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。

専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルスが疾患の原因と判断した。

中国に続き、イタリア、米国、スペインで、特に多く感染が広がっている。

世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルスの拡大はパンデミックとなったことを明らかにした。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
東京, 日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント