00:28 2020年08月14日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 11
でフォローする

ジンバブエ警察は新型コロナウイルスのパンデミック宣言以来、検疫規制に違反したとしてこれまで10万5000人以上の市民を逮捕した。治安当局による発表を引用してZBCニュースが報じた。

報道によれば、規制違反で逮捕された市民の数が7月18日の時点で10万5670人に達したという。

​ジンバブエ警察によれば、市民の多くは検疫規制を順守していないという。無許可の外出に加え、マスクを着用していなかったとして、ジンバブエ警察は直近の2日間だけで1000人以上を逮捕した。

ジンバブエでは法律により、自家用車で移動する際もソーシャルディスタンスの維持が義務付けられているという。ただし、運転手の多くは規制を無視している模様。

また、これまで隔離施設から276人が逃亡し、警察はそのうち29人を確保した。

ジンバブエ保健省の発表によると、国内ではこれまで1611人が新型コロナウイルスに感染し、そのうち25人の死亡が確認されている。

関連ニュース

タグ
アフリカ, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント