18:36 2020年08月10日
新型コロナウイルス

日本の厚労省 新型コロナワクチン供給で米ファイザー製薬と合意

新型コロナウイルス
短縮 URL
0 13
でフォローする

日本の厚生労働省は、米製薬大手「ファイザー」が新型コロナウイルスのワクチンの開発に成功した場合、来年6月末までに6000万人分のワクチンの供給を受けることで同社と基本合意した。NHKニュースが伝えた。

またこれより前、日本の北里大学のグループが、鼻から吸入する新型コロナウイルスワクチンの開発に取り組んでいるとの報道があった。


 

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

 

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント