23:52 2020年10月29日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 110
でフォローする

日本政府は、大阪のアストラゼネカ社と新型コロナウイルス用ワクチン「AZD1222」の供給で基本合意を行った。同社は、2021年はじめからワクチン1億2000万回分を供給できる体制をとり、うち3000万回は2021年第1四半期に供給できるようにする。

AZD1222は、オックスフォード大学とそのスピンアウト企業Vaccitechによって共同で発明されたもので、ワクチン接種後に表面スパイクタンパク質が産生され、免疫系を刺激し、新型コロナウイルスを攻撃する。

現在、アストラゼネカ社は、世界各国でワクチンの治験を実施し、日本でも日本人に接種した場合の安全性と有効性の評価のため第1、2相試験を8月に実施する予定。

7月、同様に日本の厚生労働省は、米国の製薬企業ファイザー社と新型コロナウイルス用ワクチンの供給で基本合意に至っている。開発に成功した場合、2021年6月までに6000万人分が供給される。


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント