14:48 2020年09月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

11日、日本の新型コロナウイルス感染者は全国で700人が確認された。NHKが伝えた。

国内の感染確認者は空港の検疫などを含め5万448人、クルーズ船の乗客・乗員712人で、合計5万1160人に達した。

東京都では2人、千葉県、神奈川県、栃木県、福岡県、大阪府ではそれぞれ1人の合計7人の死亡が確認された。死亡者は国内感染で1060人、クルーズ船の乗客が13人で、合計1073人となる。

11日、米ジョンズ・ホプキンズ大学の調べでは世界の新型コロナウイルス感染者数が2000万人を突破したと伝えられていた。

これより前、ロシアのプーチン大統領は、世界で初めて新型コロナウイルス感染症に対するワクチンがロシアで承認されたことを発表していた。

新型コロナウイルス

中国当局は2019年12月末、 武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。

専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルスが疾患の原因と判断した。

世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルスの拡大はパンデミックとなったことを明らかにしていた。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント