14:00 2020年09月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 31
でフォローする

大気汚染が新型コロナウイルスによる肺疾患の死亡リスクを高めるという証拠が集まっており、この問題に対処するため取り組みを急いで強化する必要がある。WHOの環境・気候・健康部門を担当するディレクター、マリア・ネイラ博士が、リアノーボスチ通信のインタビューで語った。

ネイラ氏によると、この関係性に関する研究資料が最近ますます多く出てきており、その中には、まだ査読を受けていないものもあるという。

しかしネイラ氏は、年間700万人の早すぎる死をもたらす大気汚染が肺に悪影響を与え、体の防御機能の働きを妨げていることは間違いないと指摘する。同氏は、この大気汚染が慢性肺疾患を加速させ、新型コロナウイルスの重症化に影響を与える恐れがあると述べている。

ネイラ氏は「新型コロナウイルスの入り口となる肺は、すでにダメージを受けて脆弱な状態になっている。(大気汚染により)体の防御力が低下しているため、より重症化するリスクが高まっているのは明らかだ。それと同時に、大気汚染はあらゆるウイルス性呼吸器疾患の危険因子であることにも注意してほしい」と警告している。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, WHO
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント