14:46 2020年09月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 03
でフォローする

感染症の専門家などで作る日本感染症学会が19日から東京で開催。舘田一博理事長は講演の中で「いま日本は第2波の真っただ中にいる。この先、どう推移するのか注意が必要」という見解を示した。NHKが報じた。

日本感染症学会は当初は今年4月に開催を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた。19日から都内の会場とオンラインの並行で開催した。

冒頭講演を行った舘田一博理事長は「いま日本は第2波の真っただ中にいる。全国的にも、東京でも新たな感染者数の推移はピークを迎えているようにも見えるが、再び上昇することがないか注意する必要がある」と発言、現在の日本は流行第2派を迎えているという見解を示した。

続いて「この先も第3波、第4波がくると予想され、新たな生活様式の中で新型コロナウイルスとつきあっていくことになる。学会として、少しでも重症者を減らし、医療現場を混乱から守るため最新の知見を集めていきたい」と語った。

学会は21日が最終日。計3000人が参加し、新型コロナウイルスなどの最新の治療や研究の報告が行われる。


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント