16:22 2020年09月29日
新型コロナウイルス
短縮 URL
ロシアの新型コロナワクチン (33)
0 63
でフォローする

ロシアのガマレヤ国立疫学微生物研究センターはロシア直接投資基金と共同で世界初の新型コロナウイルス感染症のワクチン「スプートニクⅤ」の開発に成功した。同研究センターのドミトリー・ログノフ副所長は、スプートニク通信社からの取材に対し、「スプートニクⅤ」の製造技術には世界の多くの研究者の成果、学術論文が反映されているものの、ワクチン開発そのもの、その製造、大規模な試験に関わったのは、ロシア人研究者のみだと答えた。

ロシアは1週間前に、国防省とガマレヤ国立疫学微生物研究センターが開発に成功したCOVID-19ワクチンを世界に先駆けて登録した。 さらにもうひとつの薬剤が現在、学術研究所医療生物学局で試験中だ。一連の諸国がワクチンの購入に関心を示しており、そのひとり、メキシコ大統領も有効性が証明されるのであれば、まず自分が接種すると宣言している。どの程度の規模でワクチン生産が行われるのか、コロナウイルスに感染した人は接種することができるのかなどについて、ガマレヤ国立疫学微生物研究センターのログノフ副所長はスプートニク通信からの独占取材に答えた。 

世界初のロシア製新型コロナワクチン 基盤のプラットフォームは40年来の研究の成果
© Sputnik / Press service of the Ministry of Health of the Russian Federation
スプートニク: WHOの代表はあなたを名指しで批判し、科学的な調査が何も出されていないと言っていますが。

ログノフ副所長:「実践では我々はまず先にロシア保健省の専門家らに結果を提出します。目的は安全で有効性の高いワクチンを最速で開発することにあったわけで、これは成功しました。データを英訳し、学術論文を書くのはその後です。データ公表の決定は保健省の検討が済んだ後にとられ、これにより先入観を排除した専門家の鑑定に付されます。ですからワクチンを登録した後、近日中にも英語による学術論文が権威ある国際雑誌に提出され、編集者、レビュアーの専門的な鑑定を経て世に出ます。

スプートニク: 生産規模はどのように拡大していく計画ですか?

ログノフ副所長:「2020年末までに最高2億本の生産までもっていく計画ですが、これは外国をも含め、すべての生産施設が取り組んだ場合です。ワクチン生産には世界からロシア直接投資基金に極めて大きな関心が示されており、基金はロシアの第3相試験の結果の如何によらず、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、ブラジル、フィリピンなどの諸国で生産開始を計画していますし、インド、韓国、ブラジル 等ではその国の基金とパートナー関係を結んで大規模生産を開始します。 さらにサウジアラビア、トルコ、キューバでもワクチン生産の可能性が探られている状況です。アラブ首長国連邦、サウジアラビア、インドネシア、フィリピン、ブラジル、メキシコ、インドをはじめとする20か国以上からスプートニクⅤの購入に関心が示されています。」

スプートニク: 抗体のレベルはワクチンから取得した人と、実際感染して取得した人ではどう違うのでしょう?

COVID-19ワクチンの治験参加者が退院前の診察を受ける ブルデンコ記念第1軍事病院にて
© Sputnik / Press service of the Ministry of Defence of the Russian Federation
ログノフ副所長:「世界で今、感染して回復した人とワクチン接種者の血清中の抗体の活性度が比較研究されていますが、ここではかなり大きな違いが出ており、ワクチン接種に軍配が上がっています。なぜならワクチンでは人体組織に中毒も起きず、重症化もないため、抗体レベルはワクチン接種のほうが感染よりも高くなるのです。感染した人にはかなりのケースで抗体はできるものの、それが長期にわたって保持されないことはわかっています。これに比べ、ワクチンを接種したほうがずっと安定しています。

スプートニク: コメンテーターは国際基準に照らしています。ワクチン開発を行っている他国ではどうなっているのでしょうか?

ログノフ副所長:「実際は様々な基準もそこそこ協調されています。どこも自国の市場、自国のメーカーの保護に努めるのは当然の話で、外国の薬剤の登録には条件がつけられています。これについてロシアは特異な方法をとっておらず、ヘルシンキ宣言に則っています。」

スプートニク: ロシアのワクチン製造に従事したのはロシア人研究者だけですか? それとも外国の研究者も参加したのでしょうか?

ログノフ副所長:「このワクチンの開発が行われたのはガマレヤ国立疫学微生物研究センターの中だけですから、外国のパートナーとは協力を行っていません。ただし技術そのものは知識と科学的経験の総体性です。当然のことながらこれには世界の多くの人が関わり、多くの学術論文が関わっています。我々はそうした論文を読み、むこうも我々の発表を読んでいるわけで、これは共通の科学フィールドです。もちろんこの分野でアクセス可能な研究結果にはすべてあたりました。ですがワクチン開発そのもの、その製造、大規模な試験はすべてロシア人研究者によって行われています。」

関連記事

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

トピック
ロシアの新型コロナワクチン (33)
タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント