08:46 2020年09月26日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 10
でフォローする

首都圏での新型コロナウイルス感染再拡大を受け、韓国政府は、首都圏のすべての幼稚園と小中高校の対面授業を9月11日まで遠隔授業に切り替える。韓国の兪銀恵(ユ・ユンへ)社会副首相兼教育部長官が明らかにした。

韓国では、過去2週間で、1日あたりの感染者数が56人から332人まで増加し続け、23日には397人に達し、483人の感染者が記録された3月7日以来の高水準となった。

新たな感染例は首都ソウルとその周辺で確認されている。24日の段階で、韓国の感染者数は1万7665人となり、感染再拡大対策を強化するため、首都圏内の学校では遠隔授業への移行が決まった。

兪副首相によれば、8月11日から23日にかけて、学校の生徒や教師の間で193人以上の感染が確認されており、その数は対面授業の再開後に確認された感染者数の76%に当たる。

高校3年の生徒たちは大学進学の準備があることから「どうしても必要な場合に限り」、登校してもよいことになっているが、その場合も人と人との間で十分な距離をとり、マスクを着用することが義務付けられている。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント