15:35 2020年09月26日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 30
でフォローする

仏企業「Geochanvre」は麻繊維製のコロナウイルス対応マスクの製造販売を開始した。ラジオ局「France Bleu」が伝えた。

同社のマスクのフィルタリング能力は89%。

マスクは内側から薄い布の層でカバーされており、それにより顔の摩擦が減らせるという。また麻繊維マスクは環境を汚さず、生分解性があるため肥料になることが強調されている。製造過程においても汚染廃棄物は発生せず、加圧水が使用されるという。

同マスク製造工場で働くのは主に障害をもった人々。マスクの形は「アヒルのくちばし」タイプで、通常のサージカルマスクと異なり、口に付着することはない。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント