06:55 2020年12月02日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 20
でフォローする

31日、ロシアのミハイル・ムラシェンコ保健・社会開発相は、国内での新型コロナウイルス用ワクチンの初の大規模接種は今年の11月、12月以降に開始となることを明らかにした。ワクチンはリスクの第1グループに対して接種が行われる。

この間の発表によれば、医療関係者と教師の2つのリスクグループに対し、初となる大規模な新型コロナウイルス用ワクチンの投与が実施される。

この間、ワクチン接種は2020年末の実施予定と報じられてきたものの、初の接種は、実際には当初の計画に従って今秋はじめにはこれらリスクグループに対して徐々に開始されることとなる。


新型コロナウイルス

中国当局は12月末、 武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。

専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルスが疾患の原因と判断した。

中国に続き、イタリア、米国、スペインで、特に多く感染が広がっている。

世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルスの拡大はパンデミックとなったことを明らかにした。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
ロシア, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント