18:00 2020年09月29日
新型コロナウイルス
短縮 URL
ロシアの新型コロナワクチン (33)
0 42
でフォローする

G20諸国のうち数か国を含む外国のパートナー国がロシア製のコロナウイルスワクチンへの関心を示している。ロシア外務省のセルゲイ・ラブロフ大臣がこうした声明をあらわした。

ラブロフ外相は、ロシアはこの分野での互恵性のある協力関係を行うことにオープンな姿勢を示していると付け加えた。

ラブロフ外相は、パンデミックは他の大規模な危機と同様、諸国にさらなる一致団結を求めるものであると強調した。

ロシア製造のコロナウイルスワクチンは世界に先駆けて承認された。2020年末には教師や医療従事者に対する最初の大量接種が予定されている。


新型コロナウイルス

中国当局は12月末、 武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。

専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルスが疾患の原因と判断した。

中国に続き、イタリア、米国、スペインで、特に多く感染が広がっている。

世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルスの拡大はパンデミックとなったことを明らかにした。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

 スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

トピック
ロシアの新型コロナワクチン (33)
タグ
新型コロナウイルス, セルゲイ・ラブロフ, ロシア外務省, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント