07:48 2020年10月22日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 21
でフォローする

Googleにおける胃腸の病気や食欲不振に関する検索増加について、マサチューセッツ総合病院の医師たちは、新型コロナウイルス感染症の今後の流行と直接関連しているとの結論に達した。ブルームバーグ通信が報じた。

医師らは、1月20日から4月20日までの米国の15州における味覚減退、食欲不振、下痢などの症状に関するネットユーザーの関心を調査した。結果、その多くの州で検索が増えてから3~4週間後に新型コロナが流行したことがわかった。

医師らは、腸の問題に関するユーザーの関心の高まりは、新型コロナウイルスが今後流行する前兆の可能性があると考えている。

ブルームバーグは、10年以上前に流行したH1N1インフルエンザ(ブタインフルエンザ)の感染状況の監視でも同様のアプローチが使用されたと報じている。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント