13:29 2020年10月30日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 31
でフォローする

中国の研究者らが眼鏡をかけている人のほうが新型コロナウイルスの感染リスクが低いことを立証した。眼鏡をかけている人の感染率は掛けていない人の5分の1。 これは眼鏡があることで目を触る機会が減り、ウイルスに入りこまれる危険性が減るからだという。眼科専門の医学雑誌「JAMA Ophthalmology」が研究結果を掲載している。

論文によれば、中国では国民の80%以上が近視であらゆる年齢層でコンタクトレンズよりも眼鏡をかける率が高い。「ところが2019年12月、武漢でCOVID-19 がの感染が拡大した後、病院に収容された患者に眼鏡をかけた人は少なかった。」

研究者らが対象にしたのはCOVID-19 検査で陽性反応がでた276人。そのうちの30人(10.9%)が眼鏡をかけており、さらにそのうちの16人は1日8時間以上、眼鏡をかけた状態で過ごしていた。

研究者らは数十年間にわたって湖北省で採取されたデータを調べた。このうち眼鏡をかけていたのは31.5%で、この人たちは研究発表がでた時期に42~57歳に達していた。これはCOVID-19 に罹患した患者の平均年齢51歳に近い。

算出では、眼鏡をかけたCOVID-19 感染者は掛けていない患者数の19%未満という結果が出た。これにより眼鏡をかけているほうがCOVID-19 に感染しにくいという帰結が導きだされた。

研究者らは、眼鏡をかけることによって目に直接触れる機会が減り、涙を介してウイルスに感染するリスクが減ると説明している。目にもコロナウイルスが宿主細胞受容体として利用するアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)が存在することが最近の研究で明らかにされている。研究者らは、コロナ感染者の12%弱が目の充血や腫れを訴えることもこれに関係していると指摘している。


新型コロナウイルス

中国当局は12月末、 武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。

専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルスが疾患の原因と判断した。

中国に続き、イタリア、米国、スペインで、特に多く感染が広がっている。

世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルスの拡大はパンデミックとなったことを明らかにした。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 科学研究, 研究
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント