18:42 2020年10月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 16
でフォローする

米マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏は、新型コロナウイルスのパンデミックが世界的に終息する時期について早くとも2022年になるとの見方をフォックスニュースのインタビューに応じた中で示した。

ゲイツ氏はフォックスニュースのインタビューに応じた中で、新型コロナウイルスの終息する時期について語った。

パンデミックの終息は良くても2022年になるだろう。しかし、仮に世界的規模の問題が続くのであれば、2021年は数字(新規感染者数:スプートニク編集部)を減らす努力を続ける必要がある。

ゲイツ氏はこれまで新型コロナウイルスの感染拡大防止対策費として6億5000万ドルを寄付し、新型コロナウイルス関連では世界最大の出資者になっている。

この結果、ゲイツ氏が新型コロナウイルスのワクチンにマイクロチップを仕込み、それによって接種した人を管理する社会に変えるのではないかとの陰謀論がささやかれている。これについてゲイツ氏や、氏と交流のある学者らは疑惑を否定している。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント