18:36 2020年10月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 10
でフォローする

今後数ヶ月の間、欧州での新型コロナウイルスの第2波がどのように起こるのかついて、研究者らがそのシミュレーションを作成した。この予測は数学的モデリングの結果に基づき、ヨーロッパ大陸全体と各国別で作成された。このシミュレーション結果は、サイエンティフィック・リポーツに掲載されている。

現在までに、ベルギー、ボスニア、クロアチア、チェコ、ギリシャ、オランダ、セルビア、スロバキア、スロベニア、スペインの10ヶ国が、新型コロナウイルスの第2波が到来したと正式に発表している。

研究者らによるシミュレーション結果によると、第2波のピークは2020年7月から2021年1月にかけて起こり、感染者数は第1波よりも増加するという。

研究者らは、すでに現段階で感染者数の多い国々ではピークがより早い段階で到来すると予測している。フランスとノルウェーでは9月中旬、イタリアでは10月中旬、フィンランドでは10月下旬、英国では11月上旬、スウェーデンでは2021年初頭にピークを迎えると予想されている。

関連記事

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント