15:05 2020年10月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 12
でフォローする

米ヒューストンのメソジスト病院の研究者たちは、体の免疫反応を回避するために変異するより感染力の強いコロナウイルス株を発見した。

ヒューストンでは新型コロナウイルスの大規模な感染が2度発生した。研究者らは、新型コロナウイルスの構造を分析する研究を行ったところ、最新サンプルではより感染力の強い株の割合が優勢であることが示されたと発表した。
研究者らは、人口700万人のヒューストンでの新型コロナ流行の最も初期の段階と流行の第2波に抽出した5000以上の新型コロナウイルスのゲノムを研究した。ロイター通信が報じた。
研究では、第2波のほぼすべての株がD614Gと呼ばれる変異を持っていることが示された。研究者らはD614Gがコロナウイルスの「スパイク」の数を増加させていると考えている。このスパイクによってウイルスは細胞と結合し、変異したウイルスが細胞に感染する能力が高まる。この株の変異体に感染した患者は、ウイルスに感染した細胞数がはるかに多かったという。

研究者らは結論の中で、現在開発されているコロナウイルスワクチンの主な標的であるスパイクタンパク質のいくつかの領域で複数の変異が発見されていることも指摘している。研究者らによると、これは体の免疫反応を回避するためにウイルスが変異する可能性があることを示している。

関連ニュース


 

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

 

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント