19:06 2020年10月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 112
でフォローする

ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、新型コロナウイルスのワクチンが開発された場合、その生産量の増加を確保する契約を製薬会社16社と締結した。米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が9月30日、国連での演説で明らかにした。

ゲイツ氏は、新型コロナウイルスのワクチンを誰もができるだけ早く入手するためには、あらゆる場所でワクチンの生産量を増やしていくことだと指摘した。同氏は、「ある場所でこの病気の脅威をなくしたいのなら、あらゆる場所でこの病気をなくしていくしかない。それが唯一の方法だ」と語った。

ゲイツ氏は「今回の契約は、製薬会社がかつてないスピードでワクチンの生産量を増やし、できるだけ早く流通させることを約束するものだ」と述べている。


新型コロナウイルス

中国当局は12月末、 武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。

専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルスが疾患の原因と判断した。

中国に続き、イタリア、米国、スペインで、特に多く感染が広がっている。

世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルスの拡大はパンデミックとなったことを明らかにした。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, ビル・ゲイツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント