08:45 2020年10月25日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 21
でフォローする

イスラエルで新型コロナウイルスに感染しているにもかかわらず、パーティーに出席した男に懲役刑が科された。地元のアーミー・ラジオ局が報じた。

同ラジオの報道によれば、懲役を科されたのはイスラエル南部に住む24歳の男。この男は自分がコロナウイルスに感染していることを知りながら、パーティーに参加していたことがわかっている。同じパーティーに同席していた人々はマスクを着用していなかった。コロナウイルスを蔓延させたとして懲役を科された例はイスラエルでは初めて。

イスラエルでは現在、全国的に厳しい自主隔離体制がしかれている。10月14日までの期間、職場の多くが閉鎖されており、生命にかかわる重要な生産拠点と食料品店、薬局のみが稼働、営業を許可されている。また自宅に隔離する場合は一緒にいることができるのは同じ家族のメンバーに限定されている。


新型コロナウイルス

中国当局は12月末、 武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。

専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルスが疾患の原因と判断した。

世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルスの拡大はパンデミックとなったことを明らかにした。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント