15:19 2020年10月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 11
でフォローする

EUの専門機関のひとつ、欧州医薬品庁(EMA)は独バイオNテック社が米ファイザーと共同開発した新型コロナウイルスのワクチン「BNT162b2」の検査を開始した。同庁がプレスリリースで明らかにした。

欧州医薬品庁は実験室で得られた結果の最初の分析に着手した。現在、数千人が参加する大規模な治験が実施されており、その結果は近いうちにも発表される。

ワクチンの検査は計画では最大限短期間で終了する。プレスリリースは検査期間を最大限カットすることについて、公衆衛生が脅威にさらされている中ではこうした措置は必要と説明している。


新型コロナウイルス

中国当局は12月末、 武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。

専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルスが疾患の原因と判断した。

世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルスの拡大はパンデミックとなったことを明らかにした。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
 スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
研究, 欧州連合, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント